アクセスカウンター

広浦の秋の月

東茨城郡茨城町下石崎広浦 涸沼ひぬま湖畔で小さい公園の渚の辺に立っています。 以前は松並木があったそうですが、松くい虫等で枯れ、今では幾らかその面影を残す松が残っているだけです。 数年前まで湖の水はかなり濁っていましたが、下水道の進歩でかなり綺麗になってきています。碑は青黒い色の自然石に 古代文字で刻まれています。
石碑の大きさは、 細長く、幅は約1m 高さ約2、5m 厚さ約0.3mです。

画像をクリックで拡大! 戻すときはブラウザの 戻る で戻してください
広浦の秋の月の碑 詩の碑と秋の月の碑 広浦の秋の月 詩 和歌

斉昭公が詠んだ詩の碑 碑から涸沼を望む

次は仙湖の暮雪へ

水戸八景地図に戻る    水戸八景に戻る