アクセスカウンター
安積 (あさか) 澹泊 (たんぱく) (安積 格之進)の碑は、水戸市 桂岸寺 (けいがんじ) の常盤共有墓地、 (※水戸二代藩主光圀公が水戸藩士の共同墓地として創設)に葬られております。澹泊は水戸で明暦2年(1656)に生まれ 名は覚、通称覚兵衛と言い十歳、現在小学4年生で江戸へ行き、徳川光圀に招かれていた (しゅ)   舜水 (しゆんすい) 先生の門に入り、儒学を学び光圀公に認められ、佐々宗淳らとともに大日本史の編纂にあたった、元禄6年(1694)に 38歳の若さで彰考館総裁になった二代藩主光圀 (みつくに) 公、 三代藩主綱条 (つなえだ) 公、四台藩主 宗堯 (むねたか) 公、 五代藩主宗翰 (むねもと) 公の四代藩主に仕え元文2年(1738)82歳で没した テレビドラマ水戸黄門漫遊記で助さんと一緒に格さんも黄門様を守る役で活躍している事はご存知でしょう。
1 常盤共有墓地立て札
2 安積澹泊 (あさかたんぱく) 由緒立て札
3 安積澹泊(格さん)立て札
4 安積澹泊(格さん)の墓碑
5 桂岸寺 (けいがんじ) 山門
6 桂岸寺本堂
7 桂岸寺二十三夜尊額
8 桂岸寺縁結堂
9 黄門様 助さん、格さんの像
10 黄門様 助さん、格さんの像
11 保和苑 (ほわえん) の池
12 保和苑の松
画像をクリックすると拡大します 戻す時はブラウザの 戻る で戻して下さい。

助さんへ
 名所旧跡トップに戻る