アクセスカウンター

仙湖の暮雪


偕楽園の千波湖の見える南側土手の中腹にあります。 偕楽園は斉昭公が藩士の文武修行の癒しの場として天保13年(約163年前)に創設し 偕(とも)に民と楽しむとして庶民にも開放された。 碑は御影石の自然石に古代文字で刻まれています。
碑の大きさは、 頭の尖った形で幅は約1m 高さ約1.5m 厚さ約0.3m

画像をクリックで拡大! 戻すときはブラウザの 戻る で戻して下さい。
仙湖の暮雪の碑 仙湖の暮雪の立て札 仙湖の暮雪 詩 和歌
好文亭 碑より仙波湖を望む
常盤神社 義烈館

水戸八景に戻る

水戸八景地図に戻る    トップページへ